MFC-J6710CDWのインターネットFAX化についての説明


MFC-J6710CDWはファームウェアの変更により、インターネットFAXが出来るようになります。


最初はブラザーのサイトよりダウンロードしてファームウェアを書き換えます。





ファームウェアの変更が終わると、今までなかったPOP3/SMTP設定画面が出るようになります。



POP3/SMTP設定を開くとメールアドレスの設定があります。
ここが曲者で、SMTPポートで465 POP3ポートで995が使えません。
プロバイダやレンタルサーバーなどの説明を見るとポートが上記の番号を使用してるところがあります。
こちらのサーバーもそうでした。いろいろ試したのですが結局SMTPは587,POP3は110で成功しました。


ここで登録するメールアドレスを今使用中のアドレスにすると、J6710CDWがメールを受信してしまいますのでFAX用に新しいメールアドレスを
作った方がいいと思います。私の方ではレンタルサーバーのなかでfax@******.comみたいなメールアドレスを新規作成しました。
右下のOKをクリックするとテスト画面になります。
送信先アドレスに自分が受信できるアドレスを入力しテストメール送信にチェック、そしてOKをクリックです。



成功すると有効であることが確認しました、となります。
設定が出来てないと、DNSが解決できないとか、送れませんとか、言ってきますのでOKを押して戻ります。


あとはFAX受信時印刷しない設定(ファックス転送)と転送先はEメールとし受信できるメールアドレスを入力すればいけるんじゃないでしょうか。
あとは、受信FAXを印刷させないのではれば、転送ファックスの自動印字をオフにします。